ページ内を移動するためのリンクです。
健康づくり編
現在表示しているページの位置です。

保健事業の概要

健康保険組合の第一の目的は、病気やケガ、出産、死亡のとき保険給付を行って、それにより生活上の不安を少なくすることにありますが、さらに一歩進んで、皆様やご家族の健康増進 への機会の提供に努める一方、健康の保持に必要な保健指導、疾病の予防など健康管理を積極的に行っています。「健康づくり」「体力づくり」のために、積極的にご活用ください。

健康情報の提供

種目 事業内容
医療費通知の実施(毎月) 全被保険者に、実際にかかった医療費を通知
機関紙「しんくみ関西健保ニュース」の発行 全被保険者に、健康保険組合の事業や健康づくり・疾病予防などの情報を提供
健康情報誌の配布

「すこやかファミリー」を各家庭に、「ジャストヘルス」を各事業所店鋪に配布

育児情報誌「赤ちゃんとママ」の配布 出産された被保険者およびご家族の育児を応援するため、1年間にわたり赤ちゃんの健康・疾病予防に関する情報を毎月送付
新入社員向け小冊子の配布

新入社員に対し、健康保険制度および医療給付の知識を掲載した小冊子を配布

病気の予防

種目 事業内容
各種健診の実施 ・循環器・がん集団健診
・半日人間ドック(A)(B)
・一泊二日の人間ドック
特定健診 40歳以上の被扶養者を対象に身体計測、血圧測定、尿検査、血液検査などの簡単な検査を行います。 受診券は6月頃にご自宅に送付いたします。 その際に無料で受けられる大腸検診キットをお送りします。
市町村住民健診費用の補助 被扶養者を対象に、各住居地区(指定医療機関)の健診費用を補助金限度内で全額補助。
・一般健診(税込1,000円まで)
・胃がん健診(税込1,000円まで)
・大腸がん健診(税込500円まで)
感冒薬の斡旋 被保険者を対象。
インフルエンザ予防接種 被保険者と被扶養者を対象に自己負担金1,000円で実施。
肺炎ワクチン予防接種

満60歳以上の被保険者と被扶養者を対象に自己負担金1,000円で実施。

セカンドオピニオン

種目 事業内容
電話による健康相談
(ファミリー健康相談)
健康・医療・介護・福祉など健康全般について、専門スタッフによる電話健康相談を行っています。24時間・年中無休。
医師の手配紹介サービス
(ベストドクターズ)

各専門分野を代表する名医によるコンサルテーションを通じて、セカンドオピニオンの提供や病状や症状にあった名医の紹介をします。

体力づくり

種目 事業内容
ハイキングの開催 被保険者・被扶養者を対象に「千早川のマス釣り」・「梨狩り」等を実施。(秋頃)

出産費貸付制度

種目 事業内容
出産費貸付制度

出産の際、当面必要となる資金を貸し付ける制度です。

ページトップへ